07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピックを語る 

今日もひっそり更新! ヽ(`Д´)ノ

さていよいよオリンピックが開幕しました。

そこそこ興味があるので、なるべくTVをつけてオリンピックを見てます。
(ROは宿題と潮干狩りしかすることないし・・・)

主に柔道を見てたけど、日本のお家芸といわれた柔道も近年は外国勢に
苦戦してます。まあそれは別に良いと思う。体重別だしね。
ただ柔道の審判が素人目に見てもあまりにひどいのでそれについて書いて
おこうと思う。
とりあえず俺が見てるだけで3回くらいは主審が「有効」とした判定を副審が
覆してた。主審の判定と副審の判定が違う事自体はよくあることとしても
ルール的に副審が技の有効性について異議を唱えるのは、禁止はされていないが
あまり好ましくないらしい(解説者の話)
ビデオ判定もかなり積極的に導入している種目のようなので、どうせ
「物言い」的な事をするなら副審ではなくビデオ係(「ジュリー」という
審判の一人らしい)が常にすればいいと思う。
勝ったと思ったら取り消しというパターンはやっている選手も見ている観客も
どちらにもマイナスにしかならない。視聴者意識してルールを色々変えている
競技のわりにお粗末なものだ。

で、本題に入るけど、あるサイトにうまくまとめてあったので引用。



柔道男子66キロ級準々決勝 海老沼選手(日本)と曺選手(韓国)の流れ

海老沼は先に技を仕掛けられる立ち上がり。1分を過ぎて海老沼も前へ出る。
2分半を過ぎ、海老沼が指導を受ける。3分半を過ぎて、曺にも指導。
残り1分を切り、両者とも攻めあぐねる展開。
残り10秒で強引に技をかけに行った海老沼が右腕を痛めるしぐさを見せたが
試合は続行。 そのまま両者ともポイントを奪えず延長へ突入。

延長1分22秒で海老沼が小内刈り。 一度は有効のポイントが入ったが
取り消しになった。
結局、延長でも決着がつかずに勝負は判定に持ち込まれる。

判定では主審、副審とも曺に旗。 しかし、審判団が協議に入った。
再度の判定に入り、今度は全員が海老沼を支持。
審判団が混乱する中、海老沼が辛勝で準決勝進出を決めた



一度下された旗判定の結果が覆るという前代未聞の出来事が起こったということ。
日本人が勝ったからいいっていう問題じゃない。
旗の判定結果まで覆るなら主審も副審も要らないだろうヽ(`Д´)ノ
柔道のルールって一体どうなってるんだ。あまりに不可解すぎる。
あれじゃ日韓が互いに「相手国に審判は買収されていた」と言い合うのも
しょうがないわ。



参考サイト「柔道の審判ワラタwwwww」
http://netaatoz.jp/archives/7354625.html

*もう少し今回の事件の流れが分かりやすいサイトが見つかれば
 後日紹介します。




【コメント返信】
>じゃむさん
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

今期のじゃむさん向けお勧めは、「人類は衰退しました」かな~。
第一話の衝撃的なラストだけでも見てほしいね。ただし眠たくなるアニメなので
寝る前にはみないようにw。

俺個人として好きなのは、ホライゾン、SAO、AW、織田信奈の野望
このあたりだが、じゃむさんが見てもあまり面白いと思わないかも。



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chorry.blog118.fc2.com/tb.php/715-a8fed6e4

/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。