10 | 2017/11 | 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイゼン再び 

刑事ドラマの冒頭、犬の散歩中に死体を見つけて腰を抜かしながら
「うわっ」と一言だけせりふを言う端役の王様です、こんばんは。

凍結した滝の記事の時に予告していたとおり、日曜日に雪山にでかました。
「アイゼンが役に立つくらい雪が積もっていて、なおかつ遭難しそうにない
初級の山」という条件で山を選んだ結果、宍粟市にある東山にいってきました。
冬季以外でこの山は2回ほど登ってます。アニジャとマサと一緒に登るくらい
超初心者向けの、登山というよりハイキングという山。
ただ雪が降ると格段に難易度はあがるわけで、登る以前にまず駐車場につく
までにスタッドレスタイヤをつけていても滑る滑る。(; ・`ω・´)
車のSNOWモードを1年ぶりにつかったわ~。

最初は林道からスタート。
toukihigasiyama01.jpg

さっそくアイゼンを装着。
toukihigasiyama02.jpg

途中で林道から外れ、圧雪されていない道に入る。スノーシューじゃなくて
アイゼンなので普通に一歩ごとに10センチくらい雪に足が埋まる。
おかげで歩く早さが通常の半分以下。とにかくだるい。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ

toukihigasiyama03.jpg


これなんだと思います?

toukihigasiyama04.jpg

じつは雪の中に埋もれた木のベンチなんです。どれくらいつもっているかが
分かるようにトレッキングポールをさしてみたけどイマイチ深さが伝わらないな。
いくつかある休憩ポイントごとに木のベンチがあったはずなのに、この写メを
とった場所まで全然見つからなくて、記憶違いかな~と思っていたら埋まって
いて気がつかずに通過していたというオチでした。

今回初めての経験として、雪上に少しだけ見える枝の向きなどから雪の下に
完全に埋まっている倒木の位置を把握して回避するという罠回避能力が
求められました。誤って倒木のすぐ横を踏み抜くと・・・

シュート!  (*ウィザードリィ的表現です)

といった感じで片足全部が一気に雪に埋まってしまい非常に危険だった。


toukihigasiyama05.jpg

頂上近くまでいくと視界が開けました。見晴らしはよかったけどガスってるので
下界の写メはとらなかった。



3時間かかってやっと頂上に到着。
toukihigasiyama07.jpg

そう、この山1016mしかない低山なんです。夏場は超楽勝というか
簡単すぎて登る気が全くしない山なのにな~。やはり雪はてごわい。



冬期登山のお約束、昼ご飯のラーメン。
toukihigasiyama06.jpg

寒さに震えながら食べるラーメンの味は格別です。(*´д`*) ハァハァ

ラーメン&コーヒーで体も暖まったところで下山開始。苦労した上りと違い
天候やコース的にかなり楽に降りれました。


これ以上本格的に雪山登山をするなら冬用のトレッキングポール買ったり
スノーシューを用意しないといけないけど、そんな装備で行く山だと
一度遭難したら自力で帰ってこれなくなりそうだから、これくらいで
雪山を制覇した気分になっておこう。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chorry.blog118.fc2.com/tb.php/679-de33be01

/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。