05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gv総評(09/21) 

【プロンテラ:Valkyrie Realms】
[V1] ψ 天下布武 ψ 
[V2]額に肉
[V3]まったり温泉 らぐな湯
[V4] ψ 天下布武 ψ 
[V5]熊猫フィルファンタジー♪

V1は中盤Art世界が防衛。最終的に攻め過剰で落とされたが何度もねこの
突破を防ぐなど健在ぶりを発揮した。各勢力の転戦後に1%天下が非破壊
防衛で取得。1%天下はV4も取得して2砦を獲得。
V2はDoAなど小規模勢力の争いとなり残り1分で割った額に肉が取得。
V3はV1から転戦したArt世界が取得。派遣でC4も取得し2砦。
V4はB5防衛の影響もあり派遣部隊や山紫などの単体ギルドが集まり高速
レース展開。残り18秒で1%天下の派遣が落として取得。
V5はMSISの派遣などによるレースを制して熊猫が取得。


【アルデバラン:Luina Guild】
[L1]+Natural High+
[L2]Antares
[L3]ワンダフルソース
[L4]Dance in the Autumn
[L5]Law and affection

L1は派遣部隊やNHなどの単体ギルドが集まりレース展開となりNHが取得。
L2は非レーサー系の単体規模の多数のギルドによるレースとなりAntが取得。
L3はC2から転戦したMSISがGraを制圧して取得。
L4は幻影が開幕から防衛。21時16分にFLに落とされるまで多数の勢力の攻めを
防ぎ防衛力の高さを見せた。落城後に再び幻影が防衛して取得。
L5は神器作成が終了して放棄、ついにぷいにゅでこぼこの完全防衛が終了した。
経過の見た目が面白いので載せておこう

→(20:00:02)ぷいにゅ→(20:45:56)おひつ→(20:48:03)ぷいにゅ
→(20:49:28)おひつ→(20:50:43)ぷいにゅ→(20:52:02)おひつ
→(20:53:52)ぷいにゅ→(20:54:57)おひつ→(20:56:17)ぷいにゅ
→(20:57:35)おひつ→(20:58:40)ぷいにゅ→(20:59:49)おひつ
→(21:00:47)ぷいにゅ→(21:01:48)おひつ→(21:02:43)ぷいにゅ
→(21:03:33)おひつ→(21:04:27)ぷいにゅ→(21:05:17)おひつ
→(21:06:11)ぷいにゅ→(21:07:01)おひつ→(21:08:09)ぷいにゅ
→(21:13:00)鏡花水月→(21:19:17)gloomy→(21:22:19)バカなの?

リセット後ぷいにゅでこぼこはB5に転戦。終盤はうさかめが非破壊で
防衛し、ぷいにゅでこぼこの派遣をギリギリで防いで取得。


【フェイヨン:Chung-Rim Guild】
[C1]大人の社交場
[C2](屑)サングラス部
[C3]†Capricornus†
[C4]世界に一つだけの花
[C5]Freewheeling Life

C2は後半MSISが珍しい長時間の自旗での防衛を展開。ラビリスが攻め
非破壊状態に持ち込み取得。
C3はねこの派遣の防衛を残り7秒でカプリが落として取得。
C4はレース展開となりArt世界の派遣が取得。
C5はFLが終盤レースをとめて非破壊状態に持ち込み取得。

【ゲフェン:Britoniah Guild】
[B1]Frozen Ray
[B2]ぬこ道楽.
[B3]らるご こん もーと
[B4]Legend of Ragnarok
[B5]おひつ

B1はB5から転戦したBHFRがLoRえびを落として取得。
B2はB5から転戦したねこが非破壊防衛で取得。
B3はらるごが長時間の非破壊防衛で取得。
B4はLoRえびが残り3分を防衛して取得。
B5はBHFRが開幕から防衛。ねこの攻めを防ぐ。入れ替わりでやってきた
ぷいにゅでこぼこが落としてBHFRの攻めを防ぎきって取得。

【主な宿無し】
Puスマイル同盟
PP同盟
山紫水明
clair de lune
スロットマスターV (Chain~tiaraway~)
Gransist
。*゚Crown゚*。
彼岸華

【まとめと次回展望】
神器作成という一区切りがあったのでL5放棄→B5攻めは大方の予想通りと
いえる。意外だったのはねこがB5を攻めたことである。
ねこは従来2砦志向のGvを展開していたが、ぷいにゅでこぼこがL5で防衛して
いる間に、何度も戦う事になったBHFRをかなり意識するようになったか。
L4の幻影の防衛は多くの勢力が共闘状態で攻めたが結局落とせず相変わらず
#防衛を要とした高い防衛力を見せた。それを落としたFLのEmC回転を軸にした
攻めには素晴らしいものがあるが、幻影側は崩された後は、一度落とさせての
非破壊での再奪取を計画していたように思われる。

次回はぷいにゅでこぼこのB5防衛とそれに対してのBHFRの攻めが予想されるが
長期防衛の反動でぷいにゅが攻めに転じる可能性も否定できないし、BHFR側も
それ以外の方針を取る可能性も低くはない。どのような展開になるにしても
L4、V3といった砦を守る中規模勢力に対しての複数勢力での攻めという形は
次回もかわらないとみるべきだろう。
本来は20~30名規模の勢力の動向にも触れるべきなのだが、どの勢力も特に
目立つ動きはないと思われる。


【1%天下の動向】
予想通りの多数の攻めにより、格付け的な評価ができる戦いはなかったが、その
反面攻め側ギルドの新同盟に対する一定の評価(印象)はでたようだ。
各ギルドのGvレポや自分の印象では防衛ラインの完成度の低さが見られたが
時間と共に解決できる問題であり、たとえそれが未解決のままでも十分戦って
いける人数は揃っているといえる。


【あとがき】
今回は特に今週MSISのGvレポを書いていた人に感謝です。あぶなく見当違いの
分析で恥をかくところだった。
最近は格付けや総評に触れているブログも多くみかけるので、やっぱGvレポを
書いている人は多少なりともGv全体についても色々思うところがあるのだな~と
妙にうれしかったりします。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chorry.blog118.fc2.com/tb.php/251-0f46331e

/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。