05 | 2017/06 | 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けのすすめ 

たまにはGv総評以外のGvの記事でも書こう。
今週はGvでてないから結構余裕があるのです。(総評は明日に載せます)




組織をまとめるには「外に敵をつくり戦う」事が一番有効です。ROのGvにおける
「敵」とは同盟以外の他のギルドの事を指します。もちろん戦うだけで負けて
ばかりいては士気・資金の両面から組織は維持できないので敵に勝つことが
要求されます。
ではここで問題です。毎週安定して砦をとれるギルドにとって「敵に勝つ」とは何を
さすのでしょうか?
砦の確保が当たり前となった時点で、砦を取ることは絶対的な勝利の証とは言え
ません。敗者あっての勝者であり、大半の勢力が勝ち状態では「勝負」そのものが
存在しません。つまり砦取得以外の面での「勝ち」と「負け」を作る必要があります。
「宿無し」という非常に分かりやすい負けがない勢力は、逆に「勝ち」といえるものも
存在しないわけで、あえて「負け」を作る事も大事なことです。
もちろん「負け」ばかりがこんでいては士気の面で問題も発生しますので負けて
ばかりもいられませんが・・・。

負けを知らないというは勝ちを知らないにつながるわけで、勝てないゲーム(Gv)が
楽しいわけもなく、やる気がおきるはずがありません。古参の大手ほどRO=Gvの
傾向が多く、Gv参加率だけでなくRO自体の接続率の低下につながり組織として
瓦解にいたります。こんな小難しい事を考えて全てのギルドマスターがギルド運営を
しているとは思えませんが、意識する、しないに関わらず「負けを作る」ことが出来て
いないギルドは時期の前後があるにしろ解散必至であると思ってます。
逆に砦をとれていなくてもGvの中に「勝ち」を見出せるギルドは長く続くと思います。
ただ残念な事にいまのGvの収支バランスでは資金面で組織の維持に苦労する
事になります。

今回の論理で行くとL5ぷいにゅでこぼこの長期防衛は「勝たせない=放置」が
攻め側としては必勝の策でもあるのですが、あまりにチキンなので難しい
ところです。


~あとがき~
偉そうに自論を展開しましたが、自ギルドの苦しい状況を整理する為に書いている
ようなものです。華々しい勝利(例えば3砦とか)がつかめれば楽なのですが・・・。
負けに関してはよく負けてるから、わざわざ狙ってする必要はないのでいいけどw

コメント

同意

勝ったり負けたりで、顔真っ赤にしたほうがゲームとしては面白いですよねー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chorry.blog118.fc2.com/tb.php/217-64b8a5bf

/* AA表示 */ .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。